震災時にも安心なサントリーの天然水サーバー

震災時にも安心なサントリーの天然水サーバー 2011年に起こった東日本大震災や、2016年に起きた熊本地震では、震災の影響によってライフラインが絶たれてしまう方が大勢いました。日本は昔から地震大国とも呼ばれていて、東日本大震災や熊本地震以外にも、毎年各地で沢山の地震が起こっており、地震の被害も大きく受けています。そのため、もしもの際の備えは日頃からしっかりとしておかなければなりません。特に人間が生きるために最も必要な水に関しては、必ず保持しておかなければいけないとされています。

よく震災直後にはホームセンターなどでミネラルウォーターがダンボールに梱包されたまま完売してしまいます。ペットボトルの水を保管しておけば、万が一の時にでも安心して使用することができるためです。これらは、ご家族の分をしっかりと確保しておくことが重要となります。

基本的に震災の時に備える備蓄としての水の量は一日3リットルが三日分、つまり9リットルが必要であると言われています。これは2リットルのミネラルウォーターのペットボトルを合計で5本は保持していなければいけない計算になります。二人暮らしでしたら2リットルのペットボトルは10本と倍になりますので、ご家族分の確保はなかなか大変です。さらに、備えが面倒であったり、消費期限が2年から5年で設定されており、気が付いたら期限が過ぎていたなどの事もあります。そのため、ペットボトルでの備蓄にメリットを感じないという方も大勢います。そのような時に多くの方が利用しているのが、ウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは、以前はオフィスや飲食店に設置してあることが一般的でしたが、最近では比較的リーズナブルな価格のウォーターサーバーが登場しているので、かなり多くの方が利用しています。特に天然水を使った天然水サーバーなどは人気になっており、天然水サーバーの中でも特に人気があるのが、サントリーが提供している天然水サーバーです。サントリーの天然水サーバーは、天然水を日常的に飲むことができる天然水サーバーなのです。日本で最もメジャーな天然水として知られているサントリーの天然水が天然水サーバーとして利用できるのは、サントリーファンなら誰もが嬉しいと感じるでしょう。

そこでこちらのページでは、サントリーが出している天然水サーバーの魅力的なメリットなどについて紹介をします。これまでウォーターサーバー自体のことをあまりよく理解できていないという方でも、わかりやすく情報をまとめてありますので、天然水サーバーに少しでも興味のある方は、ぜひチェックをしてください。

最新ニュース